TOPコラム初心者でも安心!正しいランニングシューズの選び方

コラム

2022/04/11

初心者でも安心!正しいランニングシューズの選び方

さまざまなメーカーや色・デザインなど、数多くの種類が陳列されたシューズコーナーで、どれを選んでいいのか迷ってしまう。
また、ネット通販でシューズを購入してみたけどサイズが合わなかった、走っていたら足が痛くなったなど、シューズ選びに困っている方は多いはず。

これからスポーツやランニング始める方にとって、シューズ選びはとても重要です!
ランニング初心者から、本格的に走りたい上級者向けまで様々な種類のシューズがあるなかで、プロの視点から「正しいランニングシューズの選び方」について、3つのポイントを解説します。
ぜひ参考にしてみてください。

●ポイント① 「自分の足サイズを知ろう」
みなさんは自分の正確な足のサイズを知っていますか???
特に重要なのは「足長」「足囲」の実寸です。「足長」は左右で長さが異なったり「足囲」はワイド・スリムなどがあり、自分の足サイズにあわせたシューズを選ぶことが大切です。
そのためには、まず自分の足サイズ(実寸)を知ることがポイント。お店などで自分の足サイズを正確に測定してもらいましょう!

●ポイント② 「フィット感」
シューズを選ぶ時は必ず履いてみてフィット感を確認することがポイント!
フィット感を確認する際は、正しくシューズを履きましょう。正しい履き方は、まず靴ひもを緩めてから足を入れる、次に踵(かかと)でトントンとして合わせます。
そして、つま先が0.5~1㎝程度ゆとりがあれば◎ つま先トントンはNG!
最後に、足の先から順に自分の方へむけてヒモを締める。正しく履けたら、歩いてみてフィット感を確認してみましょう。

●ポイント③ 「機能性(クッション性・安定性)」
ランニング初心者にとって、必要な機能は「クッション性」と「安定性」です。これらは足や膝などの痛みや故障の予防にもっとも重要です。
ランニングの着地時には体重の2~3倍の力が足にかかると言われています。その衝撃を和らげるためにクッション性の高いシューズを選びましょう。
柔らかすぎるクッション感に安定性はありません。着地時のぐらつきによって、膝や足首などを痛めることも。クッション性だけでなく、安定性も考慮してシューズを選ぶことがポイントです。

●ポイント・番外編
最後にランニングシューズを選ぶ時間帯は夕方がおすすめ!
夕方には足がむくんでいる場合が多く、朝と比べて足のサイズが0.5~1.0cm大きくなると言われています。そのため、足がむくんで大きくなる夕方頃にシューズを試し履きしてフィット感を確かめることをおすすめします。

今回は、初心者でも安心!ランニングシューズの選び方をテーマに解説しました。
自分にあったシューズを選ぶことは、安心して楽しくスポーツやランニングを始めるための重要なキーワードです。

ランニング専門店ランプロでは、3D足型計測器で測定したデータをもとに、お客様から目的やお悩みをヒアリングして最適な一足をご提案しています。ぜひお気軽にご相談ください。

《執筆者》
ランニング専門店ランプロ
ランニングプロデューサー・森岡 紘士
https://e-runpro.com/index.html

TOPページへ